ホーム > ライブラリ

ライブラリ

開発用ライブラリ

 

fRange_Selection

選択セルを取得する
※取得条件(行・列の範囲、エリア数、セル数)を設定可能

Range   2017/11/21   shono

ナビゲーションウィンドウ

Wordの起動時や検索時に表示される「ナビゲーションウィンドウ」の表示/非表示用

※VBA・マクロで閉じる方法が見つからず、自己解決したので掲載

Word   2017/08/31   shono

VBE_IsProtected

VBProjectにパスワードの保護がかかっているか判定

VBE   2017/07/11   shono

Msg_Show

メッセージボックスのラッパー
※主に使う部分に絞って使用

MsgBox   2017/07/11   shono

VBE_IsSecurity

オプション設定[VBAへのアクセスを信頼する]の設定値を取得
※VBAでモジュール等を処理する際に必須の判定

VBE   2017/07/11   shono

Diff

Diff のアルゴリズム (Myers) ※もちろんVBAで実装

差分を計算するというのは次の3つを計算すること
LD (LevenshteinDistance)=編集距離   :2つの要素列の違いを数値化したもの
LCS(Longest Common Subsequence) :2つの要素列の最長共通部分列
SES(Shortest Edit Script)                  :ある要素列を別の要素列に変換するための最短手順

DIFF   2017/06/19   shono

fRange_Value, fRange_Formula, fRange_Text

************************************************************************
セルの値を配列で返します
※「fRange_Value」は .Value、「fRange_Formula」は .Formula、「fRange_Text」は .Text 
 の結果を返します。

【重要】配列の要素番号は、行・列番号に合わせて返します。
            行・列をEnumで定義することで、非常に開発しやすくなります。

【引数】SliceDirection:xlRow or xlColumn を指定すると、
           1行 or 1列のデータを1次元配列で返します。
************************************************************************

Range   2017/06/19   shono